知内温泉 ユートピア和楽園 ◾北海道最古

北海道最古の温泉

発掘されたのは800年前。鎌倉時代です。

函館駅から車で1時間ちょっと。

札幌からだと、かなり遠い

高速使ってノンストップで5時間くらいかな。

木古内を通りすぎて国道228号線を進み、

最後に道道812号線を左折。

🔶知内温泉 ユートピア和楽園

宿泊も、日帰り入浴もできます。

もちろん、100%源泉掛け流しで、

5種類の源泉からお湯を引いています。

玄関には、

この提灯が。

靴を脱いで好きなところへ。

スリッパに履き替え、フロントで料金を支払います。

▼ロビー

ロビー正面の窓の向こうを覗くと……

鯉が泳いでいました。

さて、早速お風呂に入りましょう。

お風呂は露天風呂を含め、3ヶ所に分かれています。

3ヶ所のお風呂場は全然違う場時にあるので、着替えて別のお風呂に移動します。

▼右に行くか、左に行くか…

先ずは、露天風呂を覗いてみよう!✨

ちなみに、露天風呂は混浴です。

右側へ、廊下をまっすぐ進み

内湯の入り口がある広場を右へ。

更に廊下を進むと、

ちょうど中間あたり左の壁に、

露天風呂へ繋がる扉が。

扉を開けると、外へ行く廊下。

どこまで進むのかな?? と、

この、囲いの切れ目まで歩くと

なんか、

道路はさんで向こうに……入り口?

‼️

あった‼️ ここだ✨

なんにも、なぁぁんにも

カーテンとかのれんとか

何にもなぁぁぁ~い💦(*ノ▽ノ)

お風呂の一歩手前で服を脱いで

立壁の横にある棚へ。

🔶露天風呂(混浴)

誰も居なかった😆🎶

ちょっとした庭園のなかにあるような雰囲気の、ログ調の屋根が掛かった露天風呂。

♨️出てます! 結構な量で出てます

どんどん溢れています

流れすぎて排水溝で渦を巻く

では、大ちゃん お先に!

いただきます!✨

ぅひゃぁ~っ、気持ちいい~~~っ!

▼2つの温泉をブレンド

寝湯???

少しずつ色づき始めた 秋の景色を見ながら

みちるも入ってみた✨

湯温はこの場所で42度くらい。

底にたまった温泉成分が赤茶色く沈んでいるため、茶色のお湯に見えますが、

お湯自体は薄~い黄緑の半透明。ほとんど色はついていない新鮮なお湯です。

湯口付近は43度くらいで、

露天風呂は丁度よく気持ちのいい温度。

湯気がいいにおい……♨️ シアワセ~♥️

しばらく、ここに居られる……。

と、しばらくゆっくり温まり、

足の裏は赤茶色。

よし!内湯にも行ってみよう!

内湯は2ヵ所。

下の湯と上の湯があります。

🔶下の湯(内湯)

脱衣場は、コイン式ロッカーがありますが

有料で100円は戻りません。

♨️👩(女湯)

壊れている所もあるので100円を入れてもコインが落ちなくて鍵が閉まらない場所も。ちなみに03はだめ。08は大丈夫だった!

さて、いよいよ!

内湯へ✨✨

浴槽は2つ

お湯は大浴槽から小浴槽へ流れる仕組み

お湯の温度は、熱い!!!!

45度~46度ありそうです。

入ると熱くてビリビリしますが、じっとしてると慣れてくる。

浴槽内の椅子に腰かけて胸下までですが、最高で3分位がんばりました。

飲泉もできるので、奥まで進み口に含んでみると…

しょっぱい、けど、…ん?

美味しいかも。

温泉なのに、ちょっとスープっぽい塩味。

湯口から直接すくったので、湯船のダシがきいているわけではありません(笑)

▼頑張ってるところ

▼隣の小浴槽は浅く寝湯になっています。

細い丸太が枕に。丸太に温泉成分が固まって湯の華ができています。

▼床は更に芸術的! 一面こんなです。

シャワーは3席、ボディーソープのみ置いてあります。シャンプー・リンスはありません。

▼昭和四年の分析書も飾られていました

♨️👨(男湯)

レイアウトは女湯の反転

男湯と女湯の仕切りの上は繋がっていて屋根は一緒です。

湯口からの湧出温度は熱くて触れず、男湯で飲泉できませんでした。

🔶上の湯(内湯)

ロビーから左方向へまっすぐ行くと突き当たりに、上の湯。

露天風呂、下の湯とはまた違う源泉です。

こちらのコインロッカーも有料です。

写ってませんが棚の横にありました。

♨️👩女湯

浴槽はひとつ。

44度くらいです

上の湯の湯口は上にあって、高い位置から落としています。下の湯より入りやすい温度です。

壁は古くて汚れて見えますが、汚れているというより年期が入ってます!

ヴィンテージものですな。

椅子と桶はなぜか真ん中に。

端に取りに行くより効率的だから?(笑)

常連客A,Bは、入浴後、白椅子A,Bに座って涼み、何度も出ては休みを繰り返しているようでした。

♨️👨男湯

打たせ湯っぽいけど、肌に直で当てるには、かなり熱くて全然だめ💦

上の湯も女湯の反転。

椅子の位置まで反転で、同じです(笑)

このあと、また露天風呂に入り

だいぶん満喫して帰ってきました♨️

肌はしっとり!!

また、是非とも訪れたい温泉です。

🔷温泉分析書

八雲  銀婚湯

明治天皇の銀婚のお祝いに利用された温泉
銀婚湯
国道5号線から看板を曲がる。 10km先
20180902_120727
道路はずっと舗装されていました

20180902_121830

先にパシフィック温泉が見えるけど、
まだもうちょっと先
20180902_121624
あ、あった  これだ!
20180902_121916
右手に見えるのが、銀婚湯入口~
  わぁ、なんだかすてき~
20180902_152452
20180902_152358
石畳の道を進むと左手に駐車場。
右手に、銀婚湯
20180902_122414
20180902_122419
自然にかこまれ
日本の風情があり
情緒漂う佇まい
20180902_121942
20180902_122511
井戸水も飲めます。
20180902_122237
銀婚湯の由来が書かれていました。
そして、
日本秘湯を守る会に認定されています
20180902_122523
中に入ってみましょう。
20180902_122710
一枚板のテーブル、暖炉、ゆらゆらの椅子
いい感じです
20180902_122823
ちょっと休む用?
立てたお茶が飲みたくなるプチお座敷
さすが銀婚湯
結婚記念日から始まり………こんなにあるんだ
20180902_122758なんて、館内を楽しみながら

 到着。
行ってきます。 じゃあねぇ~👋
20180902_122943
20180902_122947
あら、あっちにもなんかあるわ
20180902_123116
脱衣場はこんな感じ
20180902_123153
ドレッサーは仕切られてます。
20180902_123149
浴槽は、内湯1つ 露天風呂1つ
宿泊者専用に、更に
貸し切り風呂と露天風呂1つずつ
 
今回は、日帰りの利用だったので、
特別湯船は無しです。
♨️内風呂
20180902_133011
温度調整のため、若干地下水での加水あり。
もちろん、泉質を損なわない程度にです。
👨男性内湯は、 石造り

IMG_8996

IMG_8997

IMG_9004

👩女性内湯は、周りが木製
20180902_123353
20180902_142300
20180902_141714
20180902_131625
お湯が溢れています。
内湯は私の体感で42度
湯の花が浮かんでるけど、
露天風呂ほどじゃなく、きれい。
あ、でも!
湯船の中の端の方で余計なことをすると
沈殿した湯の華が ぶわぁっと出てきます。
20180902_142325
お湯の肌触りは
少しつるつるな感触で気持ちいい。
pH 7.49
ほぼ弱アルカリ性
大まかに言えば弱アルカリ性
厳密に言えばアルカリに限りなく近い中性
♨️露天風呂
男湯

IMG_9009

IMG_9010

IMG_9018

IMG_9027

IMG_9020

IMG_9035

女湯
20180902_123449
20180902_123703
20180902_123809

20180902_142944

20180902_143408

木彫りの湯路に湯花が石化して付いています。
20180902_131605
露天風呂の温度は
私の体感で、41度。
湯口から遠い場所で40度位かな。
しょっぱいお湯。
湯口から出てるお湯は熱い!
露天風呂は、湯の華がいっぱい。
  なんか植物の何かみたいな
  金魚のふんみたいな、と感じるけど
これは天然温泉の証♨️
20180902_124356
温泉の色は、
少〜し濁った 薄〜い茶褐色。
鉄のような油のような混ざったにおい。
重曹成分?の独特な感じです。
ゆ〜〜〜〜っくり、
長湯できる露天風呂です。
pH 7.32(中性)

IMG_8995

IMG_8994

IMG_8989

20180902_122854
20180902_122859
20180902_122904

内湯

ナトリウムー塩化物泉
弱アルカリ性低張性塩化物高温泉

露天風呂

ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉
中性低張性高温泉

函館 西桔梗温泉

函館にある、
地域住民に長年愛される憩いの場
西ききょう健康グランド
20180901_170656
20180901_170700
なぜグランドかって、
グラウンドを作ろうとして、整備しているときに温泉が出たから‼️なんだって
20180901_170915
20180901_171106
石鹸タオルシャンプーリンス、
全て用意して行ってくださいね。
浴室は、こんな感じ!
なにこの丸いお風呂は‼️
20180901_173246
これは、そうです。 ドカンです。↑
洗い場でシャワーを出して使おうとした。
が、両隣の人達が蛇口からお湯を出した瞬間
シャワーの水圧が一気に下がり、
閉め忘れた時のチョロチョロな感じで、
水しか出なくなった!きゃー
ま、いっか。 仕方ない。
20180901_173243
洗い場の水蛇口にホースが。
68.5度の源泉をそのまま浴槽に注いでいるので
熱かったら勝手に水を足して良いらしい。
 
 
20180901_173241
三種類あるけど、どの浴槽が熱いかは
その日その時のよって違ったりする。
行った日は、手前から、41度、44度、47度!
20180901_173824
そして、露天風呂も
どかーん❗
20180901_172406
露天風呂の一番左は、
地下水がそのまま注がれていて
温度は33度。
あとは43度、45度という感じ。
常連さんがお好みで地下水を足しますが、
ボコボコと中から湧いて出ている源泉の量が豊富で、すぐ熱くなります。
地元の常連さんが、
この水風呂と熱い風呂を交互に5回くらいずつ入ると、すごくスッキリするんだよ!と教えてくれました。
お湯は鉄のにおい、硫化水素っぽいにおい。
透明だけどちょっと茶色っぽい。
肌に良いらしく、アトピーの子供とか
何年も頭の湿疹が治らず薬を飲んでいた子が、
この温泉のお湯で毎日洗ったら、
すっかりよくなったのを見たと。
地元のばーちゃんが教えてくれました。
それにしても、ばーちゃんが入ってた
この熱いお湯には(47度くらい)
とても入れたものじゃなかった‼️
恐るべし、ばーちゃん!
『水足しな~』と言ってくれたけど、
せっかく熱いのにもったいないからいい~!と言って、別のドカンに入りました。
地元のおじさん曰く、
地下水もアルカリ性なんだ。とのこと。
すごいぞ、西桔梗温泉!
おもしろい温泉でした♨️
20180901_171029
20180901_170942
20180901_170952
20180901_171004
ナトリウム・カルシウムー塩化物泉
中性高張性高温泉
pH 6.6
昭和レトロな扇風機と
20180901_181132
ジーコロコロコロ の ピンクの公衆電話
20180901_181142

⏹️日帰り入浴

大人 370円  /  子供 150円

▪️営業時間
05:00~23:30
休日:無