糠平温泉郷 糠平舘観光ホテル

糠平温泉郷は源泉かけ流し宣言をしている、
今年で100年目を迎える温泉郷。
趣のある旅館、温泉施設が建ち並び、どこに行っても素敵です。

男女別内湯と露天風呂の他に、混浴露天風呂も愉しめる源泉かけ流しの温泉。

⚫糠平舘観光ホテル
糠平温泉 糠平館観光ホテル

糠平温泉 糠平舘観光ホテル フロント

糠平温泉 糠平館観光ホテル

やっばり、混浴露天風呂から行ってみたい!

棚にホテルのスリッパが無ければ、人がいない可能性大!

露天風呂は、外なのですが、外…。

遠いな…。

糠平温泉 糠平館観光ホテル 混浴露天風呂 階段の上から

長ぁい階段を降りていくので、スゴく寒い❄️
ひとまず、バスタオルやらを被って急ぎ足❗

だけど、長い階段。
男性用の大きなサンダルは歩きにくかった!

▼下から階段を振り返る

糠平温泉 糠平館観光ホテル 混浴露天風呂 階段

露天風呂、到着。

糠平温泉 糠平館観光ホテル 混浴露天風呂へ

▼脱衣場の暖簾! カッコいい

糠平温泉 糠平館観光ホテル 混浴露天風呂 脱衣場入り口

▼脱衣場 マットは凍っているかも。気を付けて!
糠平温泉 糠平館観光ホテル 混浴露天風呂 脱衣場

※湯浴着はレンタルされてません。

▼脱衣場と浴槽の間はお湯が流れているので温かい!

糠平温泉 糠平館観光ホテル 混浴露天風呂 脱衣場から浴槽まで 糠平温泉 糠平館観光ホテル 混浴露天風呂 浴槽から脱衣場まで

お湯は透明、源泉かけ流し!
黒い析出物が沢山ありました。
ごみではありません。源泉そのものと言う証です。

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 混浴露天風呂 全体 夜

▼混浴ですが 女性専用時間も!

女性専用の時間は、
午後7時~午後10時までの3時間です。

糠平温泉 糠平館観光ホテル 混浴露天風呂 女性専用時間

朝風呂も気持ちよかった

混浴のタオル巻きはOKです。

露天風呂の横には川が流れ、
少し離れたところに鹿が遊びに来ていました。

足跡があったので、運が良ければ間近で鹿を見れるかも。

 


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆大浴場1(時間で男女入れ替わり)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

▼大浴場1 脱衣場

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 脱衣場1

▼大浴場1 洗い場

内湯はひとつ。

42度くらいのちょうどいいお湯加減です。

 

▼大浴場1 内湯

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 内湯1

▼露天風呂1

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 露天風呂1

結構広いです。そして、夜は結構暗いです。

この日の湯温は41度くらい。
たまに涼みながら、ゆっくりできます。
出入り口の石造りの階段は、足をぶつけやすいので気をつけて!

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 露天風呂1-2

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 露天風呂1-3

▼サウナもありました

 


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆大浴場2(時間で男女入れ替わり)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

▼大浴場2 脱衣場

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 脱衣場2

▼大浴場2 内湯

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 内湯2

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 内湯2-2

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 洗い場

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 洗い場備え付けシャンプー

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 洗い場 掛け湯

▼露天風呂2

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 露天風呂2

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 露天風呂2-2

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 露天風呂2-3


◆宿泊にて食事・・・


 

▼温泉分析書

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 温泉分析書

糠平温泉 糠平舘観光ホテル 温泉分析書 別表

 

幌加温泉 鹿の谷(かのや)

糠平温泉よりも20分位北に進んだところにある温泉。

幌加温泉は何軒かありましたが現在営業しているのは1軒のみ。

●幌加温泉 鹿の谷

▼このへんです。

道道から 小さな看板を目印に曲がります。

糠平から行けば左折、層雲峡の方から来たら右折です。

細い林道を走って奥へ、奥へ。

夏は砂利道です。

一番奥まで行くと 突き当りにあるのが目的地の『鹿の谷』です。

なんと、温泉ロードヒーティング!

途中までは雪道でしたが、鹿の谷近くなると温泉のお湯で雪は溶けて無くなっていました。

ここは、驚きの連続!

女将さんが高齢で、一人で経営しているのですが、

ここを訪れる常連さん達の支えがあって守られています。

入り口から入って、「こんにちは」と挨拶。

声を掛けてくれる方は

たいがい、常連さんでお手伝いに来てくれている方です。

入浴料を払って、突き当りの脱衣場へ。

途中、右側に見える休憩スペースは自由に使用できます。

食べ物は売っていないので、ここに来る前に飲み物と一緒に買って来たら良いかも😊

数は多くありませんが、飲み物は売っています。

さて、早速お風呂へ。

左側が男性、右側が女性です。

▼男性脱衣場

棚に、籠がいくつか置かれています。

貴重品ロッカーはありません。

何時間も利用する人の服やタオルは籠の中に置きっぱなしになっていることもあります。

▼女性専用 内湯(右側ドア)

シャワーはありません。

▼これをご利用ください♥

お湯は、カルシウム泉 とろとろしていて

と~っても気持ちいいです。

もちろん、完全なるかけ流しです!

それでは、あっちのドアから、大浴場?行ってみましょう。

3つの浴槽! 3種類のお湯?

ナトリューム泉・カルシウム泉・鉄鋼泉

へぇ~~~~~ すごい。

お湯が縁からどんどん流れてます。

だけどここ・・・!

内湯も混浴だった~~~!!

▼左・女性出入口 右・男性出入口

誰も居なくてよかった💨

じゃぁ、露天風呂へも行ってみましょう!

 

う~ん・・・☹ 距離が・・・・。

寒い! いそげっ💨💨💨

『冷たい冷たい冷たい 足の裏くっつく!』

大自然の中にポツンと湯舟😊

かなり気持ちいい~♨

湯口からは高温泉がじょぼじょぼ

とっても新鮮なお湯です。

ここも混浴ですが、一応、小さな仕切りが。

途中、ノータオルの男女と一人の男性が来て、仕切りの向こう側でお話ししながら入っていました。

常連さんになると、ノータオルか…!スゴイ…!

と思いながら、おとなしくその時間を過ごし、

家族だけになった時は、解放感~☀

 

とっても気持ちよくて、とっても面白い 素敵な温泉でした😊

 

ちなみに、夏はこんな感じです!

 

温泉分析書は貼ってありませんでしたが、

効能を書いたものは掲示してありました。

ニセコグランドホテル

札幌から約2時間

ニセコ

北海道で一番 全国でもトップレベルを誇る『メタケイ酸』の含有量!

肌の保湿成分、セラミドを整える働きのある温泉

つまり、【美肌の湯】👩✨


⚫ニセコグランドホテル


 

昔からある温泉ホテルで、混浴露天風呂は湯浴を来て男女気兼ねなく入浴することができます。

源泉温度が非常~に高いので、湯量を調節したり、湧き水『甘露水』で加水も。

もちろん、温泉の質を損なわない程度にです。

▼先ずはフロントで料金を支払い…

▼出入り口には

お出掛け用の草履が並んでいます。

外人さんが多いからかな。喜びそう😊

真っ直ぐ奥に進むと

▼大浴場の暖簾

▼その先で男女に分かれます

▼女湯脱衣場

 

 

棚で仕切られていて、かごが並んでいます

▼同じく男性脱衣場

 

 

かごの色は違えど似ています。

▼大浴場へ!👨男性内湯

広々とした浴槽、2種類のお湯。

上段から下段へ流れ落ちるかたちで

浴槽の温度を分けています。

 

 

湯量は多く、浴槽の縁からオーバーフロー。

 

▼女性👩内湯

ナトリウム泉と鉄泉の2種類。

ナトリウム泉の浴槽は1/3位で仕切られていて高温と中温に分かれています。

 

▼鉄泉は残念ながらお湯が溜まっていませんでした。

▼ここは水風呂 甘露水かな

 

▼洗い場にはシャンプー・リンス・ボディーソープの三種類

▼女性のみ!混浴とは別に露天風呂があります。

外も2種類のお湯

▼ナトリウム泉は屋根のある方

 

 

 

 

湯槽から見る青空、景色、素敵です

▼暑くなったら休めるように椅子も。

▼鉄鋼泉は低温

 

 

▼鉄鋼泉をまたいだ先が混浴露天風呂

 

 

👨👩混浴露天風呂♨️

▼女性側から出た景色

▼男性側から出た景色

▼奥に見える屋根の箇所が女性側出入口

▼露天風呂から見た男湯

広いです!ものすごーく広いです!

至るところからお湯が注がれ、

温度調整間違えてるのか、熱い!!!

ヤバいくらい熱い♨️🔥

男性側から降りてきたここが一番熱い!

大ちゃんの足、まっかっか🔥軽い火傷

湯気のもくもくで、熱いの伝わります?

そして、熱い場所を通り抜け

 

オーバーフローした先にまた続く露天風呂

 

こっちは丁度いい温度~🙌

せっかくなので、一緒に。

隠れていて見えませんが湯浴を着ています

▼こんな感じで

このあと、女性・男性・子供たちと集まりお湯に浸かりながら、温泉話😊

混浴風呂は結構楽しいです

 

 

▼鉄鋼泉の温泉分析書

▼ナトリウム泉の温泉分析書

 

日帰り温泉入浴

営業時間 11:30 ~ 21:00
料金 大人 900円 / 子供450円 ※入湯税込
レンタル 女性用湯浴衣(露天風呂用) 100円
バスタオル 150円
フェイスタオル 100円

 

八雲温泉 おぼこ荘

高速八雲で降りて約20分

八雲ICで降りると看板があります

▼左折です

▼所々に案内の看板  分かりやすい😊

▼これを目印に曲がると、もうすぐ

↑それにしても、自然感がすごい看板。

▼山の中、川のそば、木々がいい感じ🍁

⚫八雲温泉 おぼこ荘

▼日帰り 11時~20時 大人500円

▼玄関を入って右側が日帰り利用の靴箱

▼券売機でチケット購入

お客様が玄関から入って来るとフロントからお出迎えと案内に出てきてくれます。

▼天然温泉表示看板

▼右手に進むと大浴場

自動販売機も何台か並んでいます

▼休憩所 大浴場入り口前

広く明るく開放的です。

お風呂から上がってきてすぐに座れるので

とってもいい!

▼入り口横に有料ロッカー

↑ここは100円は戻りません

脱衣場に鍵のついたロッカーがあるので、有料ロッカーは使わなくても大丈夫。

▼大浴場入り口

▼脱衣場のロッカーはコイン不要

開閉が固いので、鍵ごと引っ張り、OK!

それでは、行ってきまーす✨

🔶内湯

♨️👩女湯

内湯42~43度

大きな岩の壁

お湯は薄緑に濁っていて、

お湯をすくって嗅ぐと鉄のにおい。

▼岩の隙間から出る温泉

味は結構しょっぱい(>.<)!

▼洗い場 5席+窓側に1席

シャンプー・リンス・ボディソープが備えつけられています。

ちなみに正面の窓から外を覗くと

男性露天風呂が丸見え👀❕

♨️👨男湯

男湯の内風呂の方が、女湯より広い。

倍近くあるかも。

お湯に結晶が!!!

人が入ってくると崩れて無くなってしまいました

▼洗い場は 7席

🔶露天風呂

♨️👩女湯

ドアを開けると露天風呂に繋がる階段が。

▼露天風呂 おぉっ!茶色いっ!

湯気が鉄のにおい~っ

はぁ~気持ちいい~~~

湯温は42度

大自然の中の露天風呂。 最高です。

湯槽の淵には石灰華♥️

露天風呂の湯口はお湯の中。

ぷくぷくと泡が ..。○◯

▼この丸い埋め跡が目印 この真下です

紅葉には少し早い。

色づき始めた葉を見ると、紅くなった頃、きれいなんだろうなぁ~~と思いながら眺める😊🍁

▼お風呂の向こう側には川が流れています

小さな滝と、それより もうちょっとだけ大きめの滝も流れているのが見えました。

ずっと、川の音が聴こえています。

なんというゆったりとした贅沢な時間♨️

▼中央に置かれているお湯の中の岩

温泉成分が赤く変色して、沢山付着しています。

触ると手も紅くなり、

座るとおしりも紅くなります。

でも、ここに座ると、

暑くなったとき丁度いい♥️

大ちゃん、そっちは~?

♨️👨男湯

男湯の階段、人工芝は茶色に。

なぜなら、こうなるから。(笑)

足の裏、真っ赤❗

女湯よりすごくない?

▼露天風呂 やっぱり女湯より広い!

真ん中の岩、水面より出てるんだぁ

いい! いいお湯!

すごく温まるし、浸かったり涼んだりしながら長湯したけど逆上せなかった。

溢れたお湯がどんどん下に流れて、川の近くに溜まってる。

降りてったら入れるかな?

…さすがに だめか(笑)

▼わずかに見える小さな滝

あっちに滝が見えるけど、葉っぱの陰になっていて、オシイ!

レストランはしばらくお休みのようなので、昼食つきで予約をするか、長く居るならおにぎりか何か持っていってもいいかも。

飲み物しか無いので、私たちはお腹すいたまま4時間いました(笑)

お水は無料でサービスがあるようです🥤


湯上がりは、化粧水をつけなくても

しっとりもちもち!

そして、ぽっかぽかに温まりました。

また、来たい (о´∀`о)♨️

◾日帰り入浴

大人(中学生以上) 500円

子ども(小学生)  250円

幼児(6歳以下)   無料

11:00~20:00

休憩所あり

シャンプー・リンス・ボディソープあり

内湯:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉

(低張性中性高温泉)

露天風呂:ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・塩化物泉

(低張性中性高温泉)

源泉掛け流し

加温なし、循環なし、消毒なし

若干、温度調整のための加水あり


知内温泉 ユートピア和楽園

北海道最古の温泉

発掘されたのは800年前。鎌倉時代です。北海道が蝦夷と呼ばれていた時代です。

歴史が織り成す内湯の析出物は芸術的です。

函館駅から車で1時間ちょっと。

札幌からだと、かなり遠いけど

高速使ってノンストップで5時間くらいかな。

木古内を通りすぎて国道228号線を進み、

最後に道道812号線を左折。

🔶知内温泉 ユートピア和楽園

宿泊も、日帰り入浴もできます。

もちろん、100%源泉掛け流しで、

5種類の源泉からお湯を引いています。

玄関には、

この提灯が。

靴を脱いで好きなところへ。

スリッパに履き替え、フロントで料金を支払います。

▼ロビー

ロビー正面の窓の向こうを覗くと……

鯉が泳いでいました。

さて、早速お風呂に入りましょう。

お風呂は露天風呂を含め、3ヶ所に分かれています。

3ヶ所のお風呂場は全然違う場時にあるので、着替えて別のお風呂に移動します。

▼右に行くか、左に行くか…

先ずは、露天風呂を覗いてみよう!✨

ちなみに、露天風呂は混浴です。

右側へ、廊下をまっすぐ進み

内湯の入り口がある広場を右へ。

更に廊下を進むと、

ちょうど中間あたり左の壁に、

露天風呂へ繋がる扉が。

扉を開けると、外へ行く廊下。

どこまで進むのかな?? と、

この、囲いの切れ目まで歩くと

なんか、

道路はさんで向こうに……入り口?

‼️

あった‼️ ここだ✨

なんにも、なぁぁんにも

カーテンとかのれんとか

何にもなぁぁぁ~い💦(*ノ▽ノ)

しかも、混浴~~~

お風呂の一歩手前で服を脱いで

立壁の横にある棚へ。

🔶露天風呂(混浴)

誰も居なかった😆🎶

ちょっとした庭園のなかにあるような雰囲気の、ログ調の屋根が掛かった露天風呂。

♨️出てます! 結構な量で出てます

どんどん溢れています

流れすぎて排水溝で渦を巻く

では、大ちゃん お先に!

いただきます!✨

ぅひゃぁ~っ、気持ちいい~~~っ!

▼2つの温泉をブレンド

▼寝湯???

少しずつ色づき始めた 秋の景色を見ながら

みちるも入ってみた✨

湯温はこの場所で42度くらい。

底にたまった温泉成分が赤茶色く沈んでいるため、茶色のお湯に見えますが、

お湯自体は薄~い黄緑の半透明。ほとんど色はついていない新鮮なお湯です。

湯口付近は43度くらいで、

露天風呂は丁度よく気持ちのいい温度。

湯気がいいにおい……♨️ シアワセ~♥️

しばらく、ここに居られる……。

と、しばらくゆっくり温まり、

足の裏は赤茶色。

よし!内湯にも行ってみよう!

内湯は2ヵ所。

下の湯と上の湯があります。

🔶下の湯(内湯)

脱衣場は、コイン式ロッカーがありますが

有料で100円は戻りません。

♨️👩(女湯)

壊れている所もあるので100円を入れてもコインが落ちなくて鍵が閉まらない場所も。ちなみに03はだめ。08は大丈夫だった!

さて、いよいよ!

内湯へ✨✨

浴槽は2つ

お湯は大浴槽から小浴槽へ流れる仕組み

お湯の温度は、熱い!!!!

45度~46度ありそうです。

入ると熱くてビリビリしますが、じっとしてると慣れてくる。

浴槽内の椅子に腰かけて胸下までですが、最高で3分位がんばりました。

飲泉もできるので、奥まで進み口に含んでみると…

しょっぱい、けど、…ん?

美味しいかも。

温泉なのに、ちょっとスープっぽい塩味。

湯口から直接すくったので、湯船のダシがきいているわけではありません(笑)

▼熱いけど頑張ってる

45度はある!

▼隣の小浴槽は浅く寝湯になっています。

細い丸太が枕に。丸太に温泉成分が固まって湯の華ができています。

▼床は更に芸術的! 一面こんなです。

シャワーは3席、ボディーソープのみ置いてあります。シャンプー・リンスはありません。

▼昭和四年の分析書も飾られていました

♨️👨(男湯)

レイアウトは女湯の反転

男湯と女湯の仕切りの上は繋がっていて屋根は一緒です。

湯口からの湧出温度は熱くて触れず、男湯で飲泉できませんでした。

🔶上の湯(内湯)

ロビーから左方向へまっすぐ行くと突き当たりに、上の湯。

露天風呂、下の湯とはまた違う源泉です。

こちらのコインロッカーも有料です。

写ってませんが棚の横にありました。

♨️👩女湯

浴槽はひとつ。

44度くらいです

上の湯の湯口は上にあって、高い位置から落としています。下の湯より入りやすい温度です。

壁は古くて汚れて見えますが、汚れているというより年期が入ってます!

ヴィンテージものですな。

椅子と桶はなぜか真ん中に。

端に取りに行くより効率的だから?(笑)

常連客A,Bは、入浴後、白椅子A,Bに座って涼み、何度も出ては休みを繰り返しているようでした。

♨️👨男湯

打たせ湯っぽいけど、肌に直で当てるには、かなり熱くて全然だめ💦

上の湯も女湯の反転。

椅子の位置まで反転で、同じです(笑)

このあと、また露天風呂に入り

だいぶん満喫して帰ってきました♨️

肌はしっとり!!

また、是非とも訪れたい温泉です。

🔷温泉分析書