旭岳温泉 大雪山白樺荘

旭岳ロープウェイの、

ホンのちょっと手前。

⚫大雪山白樺荘

この日は、雪が降っていて

山を登るにつれ道路脇の雪山が高くなっていく、走りにくい天候でした☃️

↓↓↓ こんな感じに! ↓↓↓

たぶんこの雪山、私の背より高い。

近くには、湧駒荘もある場所です。

やっと到着!

それほど大きくはないけど、

ロッジというイメージよりは立派な建物。

道路から建物までの間のちょっとした橋を渡って、階段を登り、中へ。

登山やスキーで訪れる人が多く利用されているようです。

受付でベルを🛎️ちーん

日帰りの入浴料 大人1名 500円

日帰りの温泉利用は13時から!

でも、この日は湯量が少なく溜まりきっていない状態でしたが 見せてもらったら

『いや、入れる!』

…ということで、いただくことに♥️

浴場手前に貴重品ロッカーがあります。

中は、棚だけです。

脱衣場はそれほど広くなく、シンプルで

きれいです。

👩内湯

もちろん、源泉掛け流し!

循環も消毒もしていません。

誰もいない一番風呂で、

ゆったり、のんびり♨️

ん~♥️あったかい

お湯は中性ですがメタ珪酸が多いので

少しツルトロしています。

湯口からサラサラと流れ落ちる先には、

シュワーと泡立ちが見られました。

内湯の温度は、

少しぬるめで40.5度くらい。

ゆっく~り、温まることができます。

お湯はものすごい透明!

とっても新鮮な感じ

湯槽の底を写してもはっきり見える👀

では、露天風呂へも❗

👩露天風呂

ん……‼️ ここ、降りてくのか‼️

未踏の階段💦

足跡をつけながら!いざ!!

は~~~~~~~っ!!!

ぬるいより冷たい~~~~っ

出てるお湯が少なくてぬるい

そして、大量の雪が木の枝からバサバサ落ちてくる⛄

だから、露天風呂のお湯は、

温度が上がらないんだ!

残念~、いつもは温かいんだろうなぁ!

お湯が温かかったら、

ずっとここに居たいのに、

寒い🌁⛄🌁

雪の壁にかこまれ(笑)

心臓が寒がっているので、退散!

私の足跡👣

一方、男湯は?

👨内湯

入り口ドアから入ってすぐに、

洗い場と内湯。

女性側と反転した同じ作りです。

壁の向こうは女湯。

壁の上は抜けているので、声は響くけど

あっちとこっちで話せます🙌

気持ちいいわ~⤴️

露天風呂行ってくる!

なになに? 湯量不足…

そういうことか。

露天風呂の湯量を絞って内湯を優先させていました。さすが、生きている温泉😊

👨露天風呂

こっちは、一回雪掻きしたみたい⛄

歩きやすくなってます👣

ぬるいけど、入れるよ!

えー、女湯はぬるいより冷たかった❄️

あら!

男湯の方がお湯の出る量が多くない!?

お風呂の真上に木も無いし!(笑)🌲

でもやっぱり、温まる温度じゃないので

急いで戻る🏃‍♂️💨

内湯、最高~♨️

入っていると、結構体が温まります!

そして、湯上がりは指がつるつる✨

顔もいい感じ💆

肌荒れが治りやすい泉質です!

▼温泉分析書

大雪 旭岳温泉 湯元 湧駒荘

大雪山 旭岳ロープウェイ入口の1.2km手前にある

旭岳温泉湯元湧駒荘(ゆこまんそう)

なんと! 5種類の温泉をたのしめます♪

⚫道のり

場所は大雪の方で札幌から3時間くらい。

天人閣にいく道と、途中までは同じです。

旭川北ICで降りて1時間くらい。

旭岳ロープウェイを目指します。

途中、大きな看板も出ていました

ここ!

天人閣は右ですが 湧駒荘は左です

途中で見つけたもの。

なんだこれ。 ガマ岩??

むかしむかし、旭岳が噴火したときに流れた溶岩の塊の一部らしい。

(何も書いてないけど)

ガマ岩を通りすぎて、木々に囲まれた道を延々と進み 山を登っていきます

旭岳ロープウェイの手前、右側!

湧駒荘到着です

⚫温泉の種類は5つ!ただし…

5種類の温泉全部を確実に楽しむには、宿泊するのが一番です。

日帰り利用は基本的に3種類!と思った方がいいかも。

フロントで大人1名800円を払って入ると、3種類のお風呂が楽しめる『神々の湯』を案内されます。

⚫神々の湯 見取り図

真ん中から上半分が女湯、下半分が男湯でした。

受付の時に”本館のお風呂に入りたい”と伝えると、大人1500円で本館の温泉を利用できるのですが、

5種類のお湯が楽しめる『ユコマンの湯』に入れるのは 男女どちらか‼️なのです

本館には

5種の温泉『ユコマンの湯』と

3種の温泉『シコロの湯』があり

21時に男女が入れ替わる仕組みです。

⚫ユコマンの湯 見取り図

⚫シコロの湯 見取り図

つまり、宿泊者はユコマン・シコロの両方に入れるけど、

本館の日帰り利用は13時~17時までなので、日帰りで5種類の温泉を楽しめるのはあくまでも『ユコマンの湯』に入れる男女どちらか一方のみ!となります。

しかも!!

13時からとは言っても、その日のお湯の溜まり具合により13時半や14時からという時もありますので、もしかしたら待つかもしれません。

受付で聞いてくださいね~!

⚫神々の湯(別館)

右側は女湯

左側が男湯

浴槽と配置は若干違いますが、お湯の種類は同じ。

洗い場には、資生堂のシャンプー・リンス・ボディシャンプーが備え付けられています。

🔶女湯:洗い場に一番近い浴槽

正苦味泉(マグネシウムー硫酸塩泉)

スッと入りやすい温めの温度

私の体感で 40度くらい

透明のお湯で、よく見ると湯の華が舞っています。

天井が高く、見上げると男女のお風呂が一体になっているような感じで、全体に木の造り。差し込む光と隙間から見える緑。

古さは感じません。温泉の趣を感じるような素敵な造りです。

🔶女湯:奥の小さめの浴槽

芒硝泉(ナトリウムー硫酸塩泉)

お湯の色は、白濁。体感で42度。

熱すぎず、気持ちの良い温度。

芒硝泉は全国でも珍しいらしい。

🔶女湯:露天風呂

芒硝泉(ナトリウムー硫酸塩泉)

露天風呂 体感41度

湯口のすぐ側は背中だけ42~43度くらいになることも?

少し鉄のようなにおいもするし、茶色の湯の華が溜まっている。

あまり広くないので3人入っているのを見ると「混んでる」と感じるかもしれない。

⚫ユコマンの湯 (本館)

🔶目薬の湯 体感で41度

少し緑がったように見える白濁のお湯

🔶元湯  体感で43度

茶色の湯の華が沢山。椅子は湯の華で少しぬるぬるするので気をつけて!

🔶炭酸水素塩泉 体感で41.5度

小さな浴槽です

透明のお湯。

黒っぽい湯の華が浮いています。

🔶ぬる湯 体感で37度

小さい浴槽ですが

こんな感じ。 私は小さいので

肩まで入って、足は伸ばせました。

水風呂ではなく、温かくもなく、

その名の通り、ぬる湯。

お湯が新鮮なので、肌に気泡がつく。

ザブッと入ると少し ぬる冷たい感じがするけど、浸かると何となく温かい気もする。

長く入ると寒くなるので、浴槽を移る。

繰り返して長湯になりました(笑)

🔶露天風呂 40度~42度 時間により違う

結構、広いです。 そして、ぬるいです。

温いので、いつまでも入れます。

温いお風呂に30分くらい入ると、

ゆっくり体が温まるので、

湯上がりは長くぽかぽか♨️

🔶寝湯 41.5度と40度 体感温度です

横向きに寝転がれます

⚫シコロの湯

二つの浴槽が隣り合わせに。

左が元湯 42度 白濁の湯

右が炭酸水素塩泉 38~39度 透明の湯

寝湯 42度くらい

露天風呂

シコロの露天風呂は、触れないほどの熱いお湯が浴槽に注がれていました。

湯口は浴槽内です。

お湯の温度は、湯口付近だと、

だいたい43度くらい。

涼しい日は、出たり入ったりしながら

気持ちよく露天風呂をたのしめます♨️

シコロの露天風呂の奥の……

屋根なし露天風呂

残念! 利用できませんでした

⚫日帰り利用

神々の湯

別館の温泉
宿泊客も利用可

  • 受付時間

    12:00~19:00
    (20:00までの営業)

  • 料金

    • 大人 800円
    • 子供(小学生) 350円
    • 幼児(小学生未満) 無料
  • アメニティ

    リンスインシャンプー・ボディソープ

  • 貸出

    バスタオル 200円

  • 販売

    フェイスタオル 100円

ユコマンの湯
シコロの湯

希望者は本館の日帰り入浴の利用も可能
その場合、神々の湯の入浴料金とは別料金

  • 受付時間

    13:00~17:00

    ※本館浴場は午前中お湯抜き清掃の為、13:00にはお湯が溜まっていない場合あり
    本館露天風呂のみ、冬季利用不可

  • ご利用料金

    • 大人 1,500円
  • アメニティ

    リンスインシャンプー・ボディソープ

  • 貸出

    バスタオル 200円

  • 販売

    フェイスタオル 100円