濁川温泉 新栄館

濁川温泉郷の奥の方にある歴史のある温泉宿。

国道から山に入っていきますが、濁川に入ると少し開けているので携帯電話の電波は問題なく📶快適です。

前から行ってみたかった✨

長万部まで来たから、その勢いで…とは言っても1時間ちょっと掛かる。そこから札幌に帰ると3時間。 う~~~ん。

試しに、宿泊できないか電話をしてみました。

👩『これから、宿泊したいんですけど、空いてますか?』

👴『えー?いつー?(若干耳が遠い?)』

👩『今日! これから! 二人なんですけど、ご飯は無くても良いので』

👴『えーー!? 今日だって!!!???

今日、これから!?  ふたりで?

いいよー。』
👩👨 いいのかい(笑)

ということで!!

⚫濁川温泉 新栄館

▼明治時代の旧館

宿泊は、新館の建物。カラー写真の向かって右側の建物で、2階に窓が見えている、あの辺です。

ロビーの様子。旧館に比べるとかなり新しい!

きれいですよ。

鏡餅は既製品ではなく、ちゃんとついたお餅をお供えしていました。なんだか懐かしく暖かい気持ちになる雰囲気です。
お風呂は、内湯のみです。

新館に女性専用の浴場がひとつ。

旧館に男湯ですが、実際は元々混浴の浴場があり、湯槽は3つ。

混浴の方が、圧倒的に趣を感じる雰囲気❗

楽しみにしていたのは、この混浴です!

新栄館のご主人から、

『一組しか居ないから、新館も旧館も、頃合い見て二人で入んな❗』と言っていただき

もうひとカップルが宿泊で食事中ということでしたので、早速、私達は旧館のお湯をいただくことに。

旧館の廊下。日中は陽の光が暖かく明るい。

夜になると、厳しい冬の寒さが!!

昔は、こういう生活だったんだなぁと思いながら、激寒の廊下を早足で歩いて温泉に浸かりにいくのがまた良いのです。

自然と左カーブしたくなる傾きの廊下を進むとまもなく浴場。
脱衣場には自動的に止まっているポータブルストーブ。

一応、衝立があって男女の脱衣場は別れ、入り口も同じ並びに隣同士ですが二つありました。

洗い場はこのスペース。シャワーは新館の女湯にしかありません。

お湯が溜まっているこの場所には、中からお湯が出ているようで熱いので水を足して調整。

掛け湯、洗い湯に使用します。

お湯はほとんど透明

とにかく、床がすごい!

温泉が織り成す芸術。

温泉がパイプを通って、3つの浴槽に枝分かれをして、静かにずーっと かけ流されています。

源泉温度は高く 流れっぱなしの浴槽には、とてもとても そのままだと熱すぎて入れません。

水をざばざば入れても46度くらいはあると思われる温度!

『あ~~~~~~~~!!!!🔥♨️🔥』

かけ流しされ続けているので、温度調整には水を入れて温度を下げる他ありませんが、入れる水は消毒された水道水ではなく山水です。

山水は冷鉱泉?とのお話も。

浴感は、つるすべ感と肌を滑らせたあとにくる引っかかりのキシキシ感。 油臭。

とにかく、気持ちいい✨

浴舎が年季ものなので、外気温が低いと浴場内も冷えるので、湯気はモコモコ♨️☁️

内湯で露天風呂の気持ちよさを同時に味わえるような不思議な感覚で大満足❗

お湯は透明ですが、湯気のモコモコで向こうが見えにくくなるので、移動時でも混浴の恥ずかしさは半減できるかもしれません。

タオル、湯浴着は浴槽内では使用できません。

▼女性専用 内湯

スライドショーには JavaScript が必要です。

▼温泉分析書

▼宿泊(素泊まり1名4000円)

お料理もとっても美味しいと評判です

今度は1泊2食付で泊まりに来たいです。

こんなタオルも

こんな電話も

寒い廊下も温泉も、記憶に残る 素敵な宿泊となりました。

じーちゃん、ありがとう!

八雲温泉 おぼこ荘

高速八雲で降りて約20分

八雲ICで降りると看板があります

▼左折です

▼所々に案内の看板  分かりやすい😊

▼これを目印に曲がると、もうすぐ

↑それにしても、自然感がすごい看板。

▼山の中、川のそば、木々がいい感じ🍁

⚫八雲温泉 おぼこ荘

▼日帰り 11時~20時 大人500円

▼玄関を入って右側が日帰り利用の靴箱

▼券売機でチケット購入

お客様が玄関から入って来るとフロントからお出迎えと案内に出てきてくれます。

▼天然温泉表示看板

▼右手に進むと大浴場

自動販売機も何台か並んでいます

▼休憩所 大浴場入り口前

広く明るく開放的です。

お風呂から上がってきてすぐに座れるので

とってもいい!

▼入り口横に有料ロッカー

↑ここは100円は戻りません

脱衣場に鍵のついたロッカーがあるので、有料ロッカーは使わなくても大丈夫。

▼大浴場入り口

▼脱衣場のロッカーはコイン不要

開閉が固いので、鍵ごと引っ張り、OK!

それでは、行ってきまーす✨

🔶内湯

♨️👩女湯

内湯42~43度

大きな岩の壁

お湯は薄緑に濁っていて、

お湯をすくって嗅ぐと鉄のにおい。

▼岩の隙間から出る温泉

味は結構しょっぱい(>.<)!

▼洗い場 5席+窓側に1席

シャンプー・リンス・ボディソープが備えつけられています。

ちなみに正面の窓から外を覗くと

男性露天風呂が丸見え👀❕

♨️👨男湯

男湯の内風呂の方が、女湯より広い。

倍近くあるかも。

お湯に結晶が!!!

人が入ってくると崩れて無くなってしまいました

▼洗い場は 7席

🔶露天風呂

♨️👩女湯

ドアを開けると露天風呂に繋がる階段が。

▼露天風呂 おぉっ!茶色いっ!

湯気が鉄のにおい~っ

はぁ~気持ちいい~~~

湯温は42度

大自然の中の露天風呂。 最高です。

湯槽の淵には石灰華♥️

露天風呂の湯口はお湯の中。

ぷくぷくと泡が ..。○◯

▼この丸い埋め跡が目印 この真下です

紅葉には少し早い。

色づき始めた葉を見ると、紅くなった頃、きれいなんだろうなぁ~~と思いながら眺める😊🍁

▼お風呂の向こう側には川が流れています

小さな滝と、それより もうちょっとだけ大きめの滝も流れているのが見えました。

ずっと、川の音が聴こえています。

なんというゆったりとした贅沢な時間♨️

▼中央に置かれているお湯の中の岩

温泉成分が赤く変色して、沢山付着しています。

触ると手も紅くなり、

座るとおしりも紅くなります。

でも、ここに座ると、

暑くなったとき丁度いい♥️

大ちゃん、そっちは~?

♨️👨男湯

男湯の階段、人工芝は茶色に。

なぜなら、こうなるから。(笑)

足の裏、真っ赤❗

女湯よりすごくない?

▼露天風呂 やっぱり女湯より広い!

真ん中の岩、水面より出てるんだぁ

いい! いいお湯!

すごく温まるし、浸かったり涼んだりしながら長湯したけど逆上せなかった。

溢れたお湯がどんどん下に流れて、川の近くに溜まってる。

降りてったら入れるかな?

…さすがに だめか(笑)

▼わずかに見える小さな滝

あっちに滝が見えるけど、葉っぱの陰になっていて、オシイ!

レストランはしばらくお休みのようなので、昼食つきで予約をするか、長く居るならおにぎりか何か持っていってもいいかも。

飲み物しか無いので、私たちはお腹すいたまま4時間いました(笑)

お水は無料でサービスがあるようです🥤


湯上がりは、化粧水をつけなくても

しっとりもちもち!

そして、ぽっかぽかに温まりました。

また、来たい (о´∀`о)♨️

◾日帰り入浴

大人(中学生以上) 500円

子ども(小学生)  250円

幼児(6歳以下)   無料

11:00~20:00

休憩所あり

シャンプー・リンス・ボディソープあり

内湯:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉

(低張性中性高温泉)

露天風呂:ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・塩化物泉

(低張性中性高温泉)

源泉掛け流し

加温なし、循環なし、消毒なし

若干、温度調整のための加水あり