登別 旅館 四季

混浴気分が味わえる露天風呂が気持ちいい、

お気に入りの温泉♨️
小さな温泉旅館『四季』
登別温泉とカルルス温泉の間に位置しています

ろてん風呂 と書いた看板が印象的。

日帰り利用の常連さんは多いけど、あまり混み合うことは少ないかもしれません。

日帰り 大人500円

1回2時間程度の利用です。

スーパー銭湯のように、再入浴を繰り返し長く居ることはできませんが、2時間もあれば充分ゆっくり満足できます。

玄関を入ると、看板犬の健太君がお出迎え。

元気よく挨拶してくれます。

▼玄関先の休憩スペース

左奥に進んでいくと浴場があります。

脱衣場は、それほど広くはありませんが

混んでいないので充分広々使えます。

棚の一枠が広いので上着も置きやすいですし、洗面台の横に白いかごがあるので、棚に直接じゃなくても片付けやすいですよ。

床は人工芝なので、湯上がり後の床のべちゃべちゃ感は気になりません。

それでは、中へ!

シャワーとカランは3席。

リンスインシャンプーとボディソープが備え付けられています。

温泉は硫黄(硫酸)のにおいですが、シャワーは真湯なので、髪の毛がいつまでも温泉臭!ということを防げます。

私は、先に洗髪をしてしまい、もったいないので湯上がりは温泉を洗い流さず出ます。

内湯は広くありません。

壁は石、床は木の造りで趣がありいい感じ✨

源泉かけ流しで、泥が舞って白濁しています。

窓から雪景色を見ながら。

日によりますが42度~43度くらいの湯加減。

熱めで気持ちいい💧😃♨️
そして、内湯の横にあるドア🚪

二重になっているドアを開け外に出ると

露天風呂♨️

男性側も反転して同じ

この壁の、この小窓。

鍵がついていて、開けることができる!

開けてみると、

向こう側も同様、扉を開けることができて、行き来はできませんが、半混浴状態🤭

カップルには楽しいです♥️

冬の露天風呂は、外気温で温度が下がるので、39~40度くらいと温め。

湯口はこの小窓の真下にあります。
露天風呂を使用しないときは、この様にお湯の温度を下げないように蓋をしています。

たまにお客さんが来ても、外し忘れていることもあるので、ビックリしないで下さいね。

今日もゆったりのんびり、ふたりで温泉を愉しみました

阿寒 山の宿 野中温泉

オンネトーの近く

野中温泉

20180812_151725

源泉掛け流し
どばどば湯量の100%天然温泉!
宿泊もできますが、
主に日帰り利用のようです。
では、早速中へ。

20180812_144853

長い廊下を歩いた奥に。

20180812_151201

脱衣場はこんな感じ↓
20180812_144945
20180812_144940
棚だけで、籠がない。
…ま、いっか。
扉を開けると

ドーン❕

女性内湯
20180812_145749
男性内湯
1534781643795
洗い場は?

1534781643707

無~~い! (笑)
浴槽横にある、
ここ↓を上手に利用してください。
20180812_145701
20180812_145708
温くしてあります。
シャンプーや石鹸は置かれていません。
あるのはケロヨンの桶のみ!
おっ✴
外に見えるは露天風呂
1536504704475
行ってみよう!
男性露天風呂
1536504704501
1536504704583
お湯に入ったときの目線
1536504704665
1536504704700
女性露天風呂
20180812_145135
20180812_145231
20180812_145239
20180812_145228
透明だけど溜まったお湯はかすかに緑色
硫黄の香り…というか、
硫化水素のキツイ感じがスゴい♨️✨
そういえば、こんな貼り紙が。
20180812_151059
なるほど。
石化した湯花
20180812_145245
動いてないけど趣のある水車
20180812_145142
掛け流しまくりのお湯
1534781643652
1534781643746
見てください。 熱そうでしょぉ。
20180812_145726
内湯も露天風呂も
私の体感で 43.5度!
源泉そのま~んま
流し入れてるという感じです。
気温も熱いのに、熱い温泉に浸かる。
お湯に浸かると肌の奥がジーンとする感じ
く〰️っ気持ちいい〰️っ
熱いからすぐ出たくなりますが。
スッキリしましたー!

20180812_151150

泉質
含硫黄ーカルシウム・マグネシウム・ナトリウムー
硫酸塩・塩化物泉
pH 5.8(弱酸性)  人の皮膚は弱酸性
遠いけど、また寄りたい温泉です~♨️