白老 ホテルいずみ

白老温泉 登別の手前

札幌から高速使って1時間。

露天風呂からは、少し遠くに海が見える、気持ちの良い温泉です。

🔶ホテルいずみ

日帰り入浴 530円

券売機でチケットを購入

フロントへ渡します。

階段を降りると、浴場手前に、コイン式の小さな貴重品用ロッカーがあります。100円が戻ってくるやつです。

トイレは外にも中にもありました。

▼大浴場入り口

行ってきまーす✨

▼男性脱衣場

▼内湯(女湯)

▼内湯(男湯)

100%源泉掛け流しのお湯は、弱アルカリ性でとろみのある柔らかいお湯。

内湯は41度くらいでしょうか。

透明ですが、少~し黄緑がかった色です。

なんとなくモール温泉のようなにおいも。

お湯には湯の華が舞っていて、この日は結構量が多めだった気がします。

黒っぽい緑っぽい、藻のようにも見えますが、天然の温泉だからこそのものです。

▼洗い場にはシャンプー類あり

利用していませんがサウナもありました。

▼露天風呂(女湯)

▼露天風呂(男湯)

露天風呂から見える海。

ゆっくりとした時間を過ごせます。

掛け流しのお湯は浴槽内に直接入り、手前側に溢れています。

浴槽の縁もお湯で満たされて表面が出ていません。

端の方はが温く、湯口がある方は少し温度が高いです。

42~43度くらいでしょうか。

しばら~く、

露天風呂でのんびりしていました♨️

入りすぎて暑くなった~💦

 

▼温泉分析書

ニセコ 五色温泉

ニセコの山の中に、

山登りの人を待つ山小屋のように、

堂々と、かっこよく。

ニセコ五色温泉

車から降りると、硫黄のようなにおいが漂っています♪ わくわくする♪

昭和5年開業。歴史のある有名な温泉。

玄関で靴を脱いでから、券売機で券を買う。

大人、700円。

大浴場へは、暖炉の前を通って、廊下をまっすぐ。 奥へ、奥へ。

喫煙所は、野山を望みながら、気持ちよくお外です。🚬

廊下の先を曲がっていくと、

入口~♨️

入口横にコインロッカーがありますが、

100円は返ってこないやつです。

ここは、むやみに開けたり閉めたりできません。飲み物を買うための小銭はポケットへ。

……ん? なに。↑この から松の湯 って。

2つのお風呂があるみたい♪

…と気がつき、覗きに行ってみました

ここが、から松の湯の入口らしい。

なーんかすごーい手作り感満載の

『女湯』と書かれた看板♪🙌

ちなみに男湯も同じ。

こういうのは、ちょっと嬉しくなる私♪

よし、ここは後にして まずは、さっきの

のれんの方から行ってみよう!

ということで、大浴場へ!!

🔸内湯

女湯

浴槽は2つ

左がの方が、熱いです。

窓近くの湯槽は、広いので温い感じになってるけど、湯口付近は、やっぱり熱い。

源泉の温度が高いからですね。

同じお湯ですが、浴槽の広さと、出すお湯の量で温度を調整しているようです。

温度は、私の体感で

窓側の第浴槽が、 43度

湯口から遠いと、42度くらいかな。

手前の小浴槽の方が熱くて、

私の体感で 44度くらい。

↓男湯は反転してレイアウトは同じです。

🔸露天風呂

女湯

↑ここから見た右端の角に湯口があって、湯口付近に座ると43度くらいで熱いです。

↓奥から入口側を見た感じ。こっちは、湯口から遠いので温くなってます。

雨が降っていて気温も低かったせいか、

結構温かった、40度くらいかもしれない。

お湯は、うっすら緑色のうっすら濁り。

浴槽の端には、濃い緑色の粉??が溜まっていて、手であおぐと舞い踊る。💃

木の板が浮いていたので、温泉セットを乗せてみた。

なんか、かわいい☺️

露天風呂は半分くらい屋根が掛かっているので、半分から向こうは雨が降るとこんな感じ。 結構降ったな。☂️

🔶から松の湯

⚫内湯

内湯1つ お湯は大浴場と同じ

ただ、 熱い。

源泉温度75度と書いてありますが、湯口から出るお湯が75度ではありません。

にしても、アッツイです❗触らない方がいいお湯が浴槽に注がれているので、浴槽のお湯ももちろん熱い。44.5℃か45℃あったかも。

⚫露天風呂

浴槽だけ見るとプールっぽいけど、入ったときに見る景色は解放感があってゆったりできます。

男湯も反転で同じ。

から松の湯露天風呂には屋根がありません。

そしてこちらも、ぬるくはありません。

43度くらいあると思います。

浴槽の端には、やはり、濃い緑の これ。

お湯は透明に近いので、新鮮なんですね。

緑のコノモノ達は、酸性の中でも生きることができるイデユコゴメちゃんかしら。

人に害のない藻類の中の一種です。

温泉と一緒に運ばれてくるんですね。

※汚れているから藻が生えるという訳ではありません。

五色温泉

湯上がりの肌は、

つるつるしっとりもちもち‼️

次の日まで、肌がいい感じでした✨

岩見沢 北村温泉

岩見沢駅から道道6号線を北へ。

北村中央公園ふれあい広場(キャンプ場)が隣です。

結構激しめの雨が降っていました。

早く入りたい🎵

ダッシュで中へ。

受付で料金を支払い、ちょっと探索。

▼2階に休憩所がありました。

行ってきまーす🙋🎶

脱衣場は広く、ロッカーを利用できます。

▼内湯

常連さんでしょうか、結構混みあっています。

源泉かけ流しで湯量も多く、
ドバドバ出ています。

ナトリウムイオンと塩化物イオンが高いのでしょっぱい!
鉄のにおいがしていました。

お湯の温度は、体感で42度

内湯は3つと露天風呂2つ、
水風呂1つ、サウナあり。

浴槽は分かれていますが
どれも同じお湯が注がれていて、
温度調整しているわけでもなく、
「源泉かけ流しなので^^」と、
温度管理の女性。

源泉温度が43度ちょっとなので、そのまま浴槽に引き込み、浴槽の広さと注ぐ湯量で温度調整しているようです。

▼露天風呂

露天風呂は体感で、41度

気温16度で雨が降っていたので
露天の温度は低めなのかしら。

ザァーっと、すごい流れ方で、

排水口は渦を巻いていました。

塩化物強塩泉、体が温まります♨️

雨が降っていたので、
露天風呂に傘か屋根があればなぁと思いながら、私は頭にタオルを乗せて、誰も来ない露天風呂に、ずっと入っていました。

気持ちのいいお風呂です。

ゆ~~っくりできました♨️

ナトリウム-塩化物強塩泉
(高張性中性高温泉)

後から脱衣場と浴場の出入口で
計量カップに少量の黄色い液体を入れて持ってきた女性店員さんに出会い、
それは何かと尋ねると
「お湯が汚れてきたから^^きれいにするのさ」
塩素で消毒すると言っていました。
え!!!!と衝撃的な事を聞いてしまったと思ったら、
でも!消毒するのは水風呂だけでした^^

🔶日帰り入浴時間

6:00 ~ 23:30(最終受付23:00)

入浴料 500円

・岩盤浴あり 別途500円

支笏湖 丸駒温泉

支笏湖に面して建つ温泉旅館

大浴場と隣接する展望露天風呂のほか

長い廊下を歩いて渡ると、支笏湖と繋がる天然露天風呂が!!

それでは、行ってみましょう~

女湯

内湯、2つの浴槽があり、結構、熱いです。44度くらいあるかもしれない。

源泉が54度くらいあって、熱交換器を使って支笏湖の水を利用し冷やしているそうです。

加水や循環・消毒はなく、きれいな天然温泉です。

露天風呂から見る景色。

目の前に支笏湖が広がり気持ちいい。

お湯は茶褐色の濁り湯。

露天風呂は42~43度。

内湯も露天も、涼みながらじゃないと長湯はできません💦

気持ちよくて長湯したら倒れそうなくらい暑くなりました(笑)

そして、

脱衣場から別の出入口。

そこを進むと長~~~い廊下が。

長すぎて、裸のままだとちょっと照れる。

軽く羽織るか、バスタオルに包まって行った方がいいかな。

降りていくと、脱衣場?着物置き場?があります。

外なので、足は汚れます。

ここから見る支笏湖!

すばらしい~

ここにあるのが、天然露天風呂。

この露天風呂は支笏湖の水位と同じらしく

時期により深いときと浅いときがあります。

この時は、胸くらいまでの深さがありました。

底は、なんと 砂利!!

ちょっと腰掛けるところは無いかな?と

うかつに岩に手をかけると、藻だらけになります。 気をつけて~

そして、なんたって、ぬるいです。

36度くらい?

源泉を出す量で温度調整するそうですが…

▼温泉分析書

支笏湖の波の音と、砂利の底

足元から湧き出る温泉のぶくぶく感

一度は体験してみてください☺️

⚫日帰り利用

大人(中学生以上)1,000円

子供(小学生)500円

幼児(3歳以上)200円

幼児(3歳未満)無料

利用時間10:00~15:00

レストラン営業時間11:00~15:00