函館 川汲温泉(南茅部温泉郷)

箱館戦争のとき、土方歳三が野営地として兵を宿泊させたとされる、300年もの歴史のある温泉。

函館から行くと、トラピスチヌ修道院近くの函館南茅部線(道道83号線)を茅部の方に向かっていくと、その道沿い…とは言っても、ほとんど森の中のような場所に!🌲🌳


川汲温泉(かっくみおんせん)


入浴料 大人1人400円

営業時間:6時~21時

(最終受付は20時)

石鹸類は持参しましょう。

忘れた時は100円で貸してくれます。

建物自体は昭和45年に新築されたようですが、古くてもロビーは清掃が行き届いているような、とても清潔な印象。

レッドカーペットを歩く(笑)

突き当たりに、浴場。

中にコインロッカーはありません。

男性側の脱衣籠は、着替えやすい浅めのカゴが半分👇

女性脱衣場の方は全部、目隠しされるような深めの籠です👇


川汲温泉 内湯


男湯

女湯

シャワー付カランは6台。

内、鏡付は2台。

他4台は鏡が無い代わりに、景色が見えたり、風を浴びることができたりするので気持ちいい😊

鋭角になっている場所は、他に人がいると使えるのかな??

浴場は、総タイル張り!

天井まで全部です。

浴室の上は繋がっていて、

呼べば聞こえる昔の感じ😄

この、木製の窓??開けられるのかな??? 触ってないけど

お湯は、無色透明!pH9.0とアルカリ性のお湯ですが、単純温泉のせいか、サラリとしたつるつる感で、クセのない優しい浴感。

ただ、結構な熱湯なので、長湯できません。

あっつい!とは言っても、

入れない程ではありません。

女湯は大浴槽43度、小浴槽44度

男湯は小浴槽の方が快適42度😬

誰かシャワーで水入れた???

お湯は完全なるかけ流し。

入った分だけ、流れ出る。

46.1度の源泉温度で、湯口からの温度もほとんど変わらず、浴槽が44度。沸かしている訳じゃないのに、新鮮なんですねー。

暑くて、窓を開けました。

上がる時は閉めてねと書いてありました(笑)

そして、上がった時も、休憩してからじゃないと着替えるのが大変💦

そのせいか、脱衣場は窓が開きっぱなしでした。

ちょっとした休憩スペースも。


川汲温泉旅館 温泉分析書


函館 湯川温泉 漁火館

函館は、どこへ行っても

温泉、温泉♨️ 楽しいなぁ〜♪

銭湯もただのお湯ではなく、温泉銭湯が沢山あります。

行ってきたのは

湯川温泉(ゆのかわおんせん)

漁火館(いさりびかん)

露天風呂に浮きのライトが吊るしてあるので、函館だからかなぁと思っていたら、

『漁師さんがやってるんだよ』と教えてもらいました。

だから、お食事は美味しいそうですよ〜🤗

ちょっと風格のある温泉旅館という印象。立派な階段の横には、温泉が流れています。

建物に入る前から温泉の香りを愉しみ、わくわくしながら階段を登る。

玄関を入ると、靴箱も立派。

宿泊だけでなく、

日帰り利用もできます。

12:0020:30

大人1人 500

料金を支払い、左へ進みます。

浴場への入り口は、暖簾ではなく木の扉です。

ドアが開いても、衝立で見えなくなっています。

脱衣場は、棚に脱衣籠が置かれていて、休憩用の椅子もありました。

が、、写真は撮り忘れて、ありません💧


漁火館 内湯


男女とも反転で同じレイアウト。

壁側に横に長い鏡が貼られていてシャワー4台と、リンスインシャンプー、ボディソープ。

浴槽はひとつです。

▼男湯

正方形で湯縁は木造の浴槽。

角に湯口があり、

かけ流されたお湯がさらさらと。

熱い時に水を入れる人がいるかもしれない。

桶と椅子がセットになって並んでいます。

▼女湯

男湯と同じ。

浴槽に入って、窓を見たら

👇こんな感じ。

お湯は、鉄の匂いがする緑がかった茶色いお湯。

少し熱めの43度。

湯客がいないと、広々といい気持ち。


漁火館 露天風呂


海沿いなので、露天風呂からは海が眺められます。

▼男湯露天風呂

▼女湯露天風呂

駐車場が目の前にあるので、女性側はちょっと目隠し板が張ってあります。

駐車場から見ると、

女湯は目隠しあり👇わーい

で立っていると、丸見えになってるんじゃないかと心配になりますが、下からの眺めなのでこんな感じなんですね。

うまくできてます。

漁火館、あったまりました!

いいお湯でした〜😊


漁火館 温泉分析書


👇浴場に掲示の板

函館 西桔梗温泉

函館にある、
地域住民に長年愛される憩いの場
西ききょう健康グランド
20180901_170656
20180901_170700
なぜグランドかって、
グラウンドを作ろうとして、整備しているときに温泉が出たから‼️なんだって
20180901_170915
20180901_171106
石鹸タオルシャンプーリンス、
全て用意して行ってくださいね。
浴室は、こんな感じ!
なにこの丸いお風呂は‼️
20180901_173246
これは、そうです。 ドカンです。↑
洗い場でシャワーを出して使おうとした。
が、両隣の人達が蛇口からお湯を出した瞬間
シャワーの水圧が一気に下がり、
閉め忘れた時のチョロチョロな感じで、
水しか出なくなった!きゃー
ま、いっか。 仕方ない。
20180901_173243
洗い場の水蛇口にホースが。
68.5度の源泉をそのまま浴槽に注いでいるので
熱かったら勝手に水を足して良いらしい。
 
 
20180901_173241
三種類あるけど、どの浴槽が熱いかは
その日その時のよって違ったりする。
行った日は、手前から、41度、44度、47度!
20180901_173824
そして、露天風呂も
どかーん❗
20180901_172406
露天風呂の一番左は、
地下水がそのまま注がれていて
温度は33度。
あとは43度、45度という感じ。
常連さんがお好みで地下水を足しますが、
ボコボコと中から湧いて出ている源泉の量が豊富で、すぐ熱くなります。
地元の常連さんが、
この水風呂と熱い風呂を交互に5回くらいずつ入ると、すごくスッキリするんだよ!と教えてくれました。
お湯は鉄のにおい、硫化水素っぽいにおい。
透明だけどちょっと茶色っぽい。
肌に良いらしく、アトピーの子供とか
何年も頭の湿疹が治らず薬を飲んでいた子が、
この温泉のお湯で毎日洗ったら、
すっかりよくなったのを見たと。
地元のばーちゃんが教えてくれました。
それにしても、ばーちゃんが入ってた
この熱いお湯には(47度くらい)
とても入れたものじゃなかった‼️
恐るべし、ばーちゃん!
『水足しな~』と言ってくれたけど、
せっかく熱いのにもったいないからいい~!と言って、別のドカンに入りました。
地元のおじさん曰く、
地下水もアルカリ性なんだ。とのこと。
すごいぞ、西桔梗温泉!
おもしろい温泉でした♨️
20180901_171029
20180901_170942
20180901_170952
20180901_171004
ナトリウム・カルシウムー塩化物泉
中性高張性高温泉
pH 6.6
昭和レトロな扇風機と
20180901_181132
ジーコロコロコロ の ピンクの公衆電話
20180901_181142

⏹️日帰り入浴

大人 370円  /  子供 150円

▪️営業時間
05:00~23:30
休日:無