源泉掛け流し 温泉旅日記😊

注目

川湯温泉 欣喜湯(きんきゆ)

弟子屈町(てしかがちょう)にある、『源泉100%かけ流し宣言』をしている温泉街 川湯温泉。

川湯温泉にある温泉施設はどこも全部、源泉掛け流しということです。

その中の、ひとつ。

🔸欣喜湯(きんきゆ)

その辺の道路わき排水溝からも湯気が立ち上り、硫黄の香りがぷんぷん。

どんなんだろう〜🎶 と、ワクワクしながら中へ。

▼玄関にあるかわいいごみ箱

▼ロビーには椅子と切り株、そして茶釜

欣喜湯の 喜は、七が3つ並んだ字で書いてある。 これは喜の旧字体。

パソコンでは出てこない。

ロビー左手のフロントで入浴料を支払い更に奥へ。

そこに、貴重品を預けることができるロッカーがある。 コインを入れて、暗証番号を決めて揃える方式なので鍵を持たなくて良い。 その代わり、決めた暗証番号は忘れないこと。

▼大浴場入口

では! 行ってきまーす✨

▼脱衣場全部のカゴに名前が。

お風呂に入るまで、至る所に、温泉の入り方や温泉の性質が書かれている。

温泉分析書はもちろん、温泉ソムリエの認定証もあった。

▼川湯温泉 泉質についての解説。

やばっ!

酸性が強くて、川湯温泉の湯に釘をつけておくと2週間程で溶けてなくなってしまう!?

昔から湯治に利用されてきたらしい。

北海道の名湯。

♨️女湯

浴槽が2つ、右側は上がる前に入る真水のお湯。酸性が強すぎるため、肌の弱い人は流してから上がった方が良い。

ん!? 二階建て?

階段を降りると更に湯槽が!

低温、中温、高温と分かれていて、

それぞれ ちゃんと壁に温度と入る時間の目安が書かれていました。

▼低温の湯

奥に、打たせ湯が。

そして、飲泉が!

すくってみた。 「熱っつ!!!」

飲んでみた。 「酸っぱ!!!」

レモンのような酸っぱさです。

すーーーーーっぱ…………!!😖💧

▼中温の湯

ここが一番、入りやすい温度。

2階にあるのも中温。

それにしても、浴槽傍の湯華がすごい

コッテコテに結晶化して固まってる。

そして、酸性のお風呂ならではの、

緑色!

▼高温の湯

高温の湯は42〜43度以上に…と書いてあるけど、どこに!熱くて!

45〜46度はある!

入ると、ジ〜〜〜〜ンと熱く、全然何分も入れません💦

足、血管浮き出て、こんなん!

汗だくです。

休憩しながらじゃないと。

ただね、からだを治すだけでなく、

このお湯には血行を良くし肌をツルツルにする効果があるらしいから✨

ちなみに男湯も同じつくり。

いいお湯でした〜〜!!♨️


酸性含鉄(Ⅱ)・ナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉

(低張性酸性高温泉)

然別湖畔温泉 風水

然別湖のほとりにある、湖が絶景の温泉!

どの季節も素敵な風景で温泉を愉しむことができます。

湯上り後のお肌はつるすべです。

場所は、帯広よりも、もっと北。

▼だいたいこのへん

行く途中の山道は、意外と雪が少なく走りやすかった。

白樺と青空と、雲・雪。 とてもキレイです。

然別湖畔にある温泉旅館は数件立ち並んでいますが、営業しているのは、ここ風水だけです。

毎年2月頃、凍った然別の上で、氷上の特設露天風呂を作るようですよ。

この時は、土台だけ(笑)丸裸です

●然別湖畔温泉 風水

立派なホテルです。

フロントにて、入浴料1000円。

靴は脱いで預かってもらいます。

▼広々としたロビー

浴場へは、エレベータで。

暖簾をくぐり、ふすまを開けて  じゃぁね~👋

貴重品は100円リターン式のロッカーへ。

清掃も行き届いていてきれいでした。

♨女性 内湯👩

窓の向こうに見えるのは冬の然別湖。氷が張っているので真っ白です。

源泉かけ流し 湯縁からあふれたお湯が、贅沢に床に広がっています。

外から見えないように、目隠しをしてあるのが 良いような悪いような…

くちびる山を望みながら。 この時の湯温は42度。

笹緑に白濁した半透明のお湯

 

沈めると こんな感じです。

▼寝湯

▼洗い場

▼シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ

 

♨男性 内湯👨

 

▼ジャグジーつきの寝湯

 

♨露天風呂

濁っていて見えにくいので足元は気を付けて。三段です。

▼男性露天風呂全体

▼男性露天風呂と湖

▼女性露天風呂全体

▼女性露天風呂から 湖は、覗く。

▼女性露天風呂からの景色(立った目線)

▼建物側の岩がある場所に湯口。 熱いです!

▼浴槽のふちに析出物

 

この日の露天風呂は熱かったので、長湯できませんでした。

44度のお湯から、出たり入ったりしながら😊💧

気持ちの良い温泉でした。


●レストラン

 

 

▼温泉分析書

幌加温泉 鹿の谷(かのや)

糠平温泉よりも20分位北に進んだところにある温泉。

幌加温泉は何軒かありましたが現在営業しているのは1軒のみ。

●幌加温泉 鹿の谷

▼このへんです。

道道から 小さな看板を目印に曲がります。

糠平から行けば左折、層雲峡の方から来たら右折です。

細い林道を走って奥へ、奥へ。

夏は砂利道です。

一番奥まで行くと 突き当りにあるのが目的地の『鹿の谷』です。

なんと、温泉ロードヒーティング!

途中までは雪道でしたが、鹿の谷近くなると温泉のお湯で雪は溶けて無くなっていました。

ここは、驚きの連続!

女将さんが高齢で、一人で経営しているのですが、

ここを訪れる常連さん達の支えがあって守られています。

入り口から入って、「こんにちは」と挨拶。

声を掛けてくれる方は

たいがい、常連さんでお手伝いに来てくれている方です。

入浴料を払って、突き当りの脱衣場へ。

途中、右側に見える休憩スペースは自由に使用できます。

食べ物は売っていないので、ここに来る前に飲み物と一緒に買って来たら良いかも😊

数は多くありませんが、飲み物は売っています。

さて、早速お風呂へ。

左側が男性、右側が女性です。

▼男性脱衣場

棚に、籠がいくつか置かれています。

貴重品ロッカーはありません。

何時間も利用する人の服やタオルは籠の中に置きっぱなしになっていることもあります。

▼女性専用 内湯(右側ドア)

シャワーはありません。

▼これをご利用ください♥

お湯は、カルシウム泉 とろとろしていて

と~っても気持ちいいです。

もちろん、完全なるかけ流しです!

それでは、あっちのドアから、大浴場?行ってみましょう。

3つの浴槽! 3種類のお湯?

ナトリューム泉・カルシウム泉・鉄鋼泉

へぇ~~~~~ すごい。

お湯が縁からどんどん流れてます。

だけどここ・・・!

内湯も混浴だった~~~!!

▼左・女性出入口 右・男性出入口

誰も居なくてよかった💨

じゃぁ、露天風呂へも行ってみましょう!

 

う~ん・・・☹ 距離が・・・・。

寒い! いそげっ💨💨💨

『冷たい冷たい冷たい 足の裏くっつく!』

大自然の中にポツンと湯舟😊

かなり気持ちいい~♨

湯口からは高温泉がじょぼじょぼ

とっても新鮮なお湯です。

ここも混浴ですが、一応、小さな仕切りが。

途中、ノータオルの男女と一人の男性が来て、仕切りの向こう側でお話ししながら入っていました。

常連さんになると、ノータオルか…!スゴイ…!

と思いながら、おとなしくその時間を過ごし、

家族だけになった時は、解放感~☀

 

とっても気持ちよくて、とっても面白い 素敵な温泉でした😊

 

ちなみに、夏はこんな感じです!

 

温泉分析書は貼ってありませんでしたが、

効能を書いたものは掲示してありました。

旭岳温泉 大雪山白樺荘

旭岳ロープウェイの、

ホンのちょっと手前。

⚫大雪山白樺荘

この日は、雪が降っていて

山を登るにつれ道路脇の雪山が高くなっていく、走りにくい天候でした☃️

↓↓↓ こんな感じに! ↓↓↓

たぶんこの雪山、私の背より高い。

近くには、湧駒荘もある場所です。

やっと到着!

それほど大きくはないけど、

ロッジというイメージよりは立派な建物。

道路から建物までの間のちょっとした橋を渡って、階段を登り、中へ。

登山やスキーで訪れる人が多く利用されているようです。

受付でベルを🛎️ちーん

日帰りの入浴料 大人1名 500円

日帰りの温泉利用は13時から!

でも、この日は湯量が少なく溜まりきっていない状態でしたが 見せてもらったら

『いや、入れる!』

…ということで、いただくことに♥️

浴場手前に貴重品ロッカーがあります。

中は、棚だけです。

脱衣場はそれほど広くなく、シンプルで

きれいです。

👩内湯

もちろん、源泉掛け流し!

循環も消毒もしていません。

誰もいない一番風呂で、

ゆったり、のんびり♨️

ん~♥️あったかい

お湯は中性ですがメタ珪酸が多いので

少しツルトロしています。

湯口からサラサラと流れ落ちる先には、

シュワーと泡立ちが見られました。

内湯の温度は、

少しぬるめで40.5度くらい。

ゆっく~り、温まることができます。

お湯はものすごい透明!

とっても新鮮な感じ

湯槽の底を写してもはっきり見える👀

では、露天風呂へも❗

👩露天風呂

ん……‼️ ここ、降りてくのか‼️

未踏の階段💦

足跡をつけながら!いざ!!

は~~~~~~~っ!!!

ぬるいより冷たい~~~~っ

出てるお湯が少なくてぬるい

そして、大量の雪が木の枝からバサバサ落ちてくる⛄

だから、露天風呂のお湯は、

温度が上がらないんだ!

残念~、いつもは温かいんだろうなぁ!

お湯が温かかったら、

ずっとここに居たいのに、

寒い🌁⛄🌁

雪の壁にかこまれ(笑)

心臓が寒がっているので、退散!

私の足跡👣

一方、男湯は?

👨内湯

入り口ドアから入ってすぐに、

洗い場と内湯。

女性側と反転した同じ作りです。

壁の向こうは女湯。

壁の上は抜けているので、声は響くけど

あっちとこっちで話せます🙌

気持ちいいわ~⤴️

露天風呂行ってくる!

なになに? 湯量不足…

そういうことか。

露天風呂の湯量を絞って内湯を優先させていました。さすが、生きている温泉😊

👨露天風呂

こっちは、一回雪掻きしたみたい⛄

歩きやすくなってます👣

ぬるいけど、入れるよ!

えー、女湯はぬるいより冷たかった❄️

あら!

男湯の方がお湯の出る量が多くない!?

お風呂の真上に木も無いし!(笑)🌲

でもやっぱり、温まる温度じゃないので

急いで戻る🏃‍♂️💨

内湯、最高~♨️

入っていると、結構体が温まります!

そして、湯上がりは指がつるつる✨

顔もいい感じ💆

肌荒れが治りやすい泉質です!

▼温泉分析書

北湯沢 御宿・かわせみ

伊達市・北湯沢にある小さな温泉旅館。

“温泉”を愉しめる素晴らしさがあります。

北湯沢ってどこらへんだっけ?

この辺です。

伊達とは言っても、もっと山の中。

北湯沢温泉町に入ると道路沿いに見えてきます。

●御宿・かわせみ

駐車場は建物に向かって左側。

冬の期間は川の方に降りた露天風呂は閉鎖になります。

ちなみに、露天風呂は混浴です👩♨👨

日帰りでの訪問。入浴料は700円。

こんにちは~・・・ ん?

入浴料は箱の中に入れて入館するシステム。

これが通用する国って日本以外にあるのかな。

素晴らしい~~~

それでは、早速。

節電されていましたが、暖簾をくぐったすぐの所に電気のスイッチがありましたので、着替えるときだけ点けさせてもらいました。

▼女性用 脱衣場

脱衣場は小さなスペースです。棚にかごがあります。

貴重品収納のロッカーはありません。

階段を数段降りて、ここから浴室へ。

▼女湯 内湯です。

▼男湯 内湯です。

あまり広くはない浴場に一つの浴槽がドーン。

熱~~~~~~い!♨

水を足せるようにはなっていますが、出しっぱなしは厳禁。

 

▼女性/洗い場

男性・女性とも、洗い場は浴槽の手前に一つです。

シャワーの横に溜め湯があります。

▼男性/溜め湯

掛け湯などに使用するためのものでしょう。

お湯の温度を確かめてから使ってくださいと書いてありました。

触ると温い。38~39度位でしょう。

それにしても、すごい蛇口!

それに比べて、浴槽のお湯は、熱い!!! 水を足したくなる熱さです。

源泉の温度が95度もあるので、冷ます工夫はしても冷まし切れず加水されているそうですが。

無色透明、アルカリ性のお湯にメタケイ酸も入ってヌルトロの湯ざわり感。

浴槽は深めです。

露天風呂って、どこから行くんだろう・・・ はっ!!

ちっちゃい出入り口発見!

ちなみにどの位小さいかというと、

▼身長150cmの私と出入り口。

(ドアの向こう側からです)

そこには女性専用の半露天風呂がありました。

屋根が掛かっていて、囲われていて、景観は良くありませんが女性しか来ないのでゆっくりできるかな?

と思ったけど、だめ!! 熱い!!

しかも、水を入れることができない💦

この先に、露天風呂があるのね。

誰か来るのかな どこから男性と一緒なのかな、とドキドキしながら廊下に出てみました。

結果、ここの通路は 女性しか通りませんのでご安心を。

▼男性の通路は こんな感じです

別々の通路を通って、同じ場所に出ていきます。

▼露天風呂奥から出入り口側を見た景色

▼川の方を向いて見える景色

▼湯口(川とは逆の背中側)

飲泉用のコップも置いてありますが、激熱です。

湯温はちょう~~ど良い感じで40度位かな。

いくらでも居られる露天風呂です。

お湯の中に、ベンチや板があるので、熱くなったら腰かけて休むこともできます。

残念ながら、そこから降りて行った川と一緒の露天風呂には行けませんでした。

この日は、男性の常連さん達が2~3名、

あとからプラス男女の2名来たので、

あまり沢山写真は撮れませんでしたが、気持ちの良いお湯でした😊

●温泉分析書

 

 

余市 鶴亀温泉

高速 余市ICから降りて国道に出るとすぐ!右側に!

⚫鶴亀温泉

主に日帰り利用ですが、裏側に併設されている宿泊施設もあります。

スーパー銭湯のようにも見える立派な建物ですか、ここももちろん、

源泉掛け流し100%‼️

循環も消毒もしていません♨️

開店は10時から🕙


玄関で靴を脱ぎ、先ずはシューズロッカーへ。

そして券売機で入浴券を購入し、フロントで受付をします。

大人700円。

お風呂は、左の階段上がって2階です。

脱衣場は、100円リターン式のロッカーと、かごが沢山。

回数券を買ってここをよく利用されている方たちは、かごを使う人が多いようです。

⚫女湯👩♨️

先ずは掛け湯から。

大きな水瓶に入ってます😊

心臓から遠い場所から徐々に、何回にも分けて掛け湯をして、体を温め、慣らしてから入るようにしましょう。

洗い場は沢山あります!

ボディソープと、リンスインシャンプー

▼内湯

左右2つに分かれています。

右側が主浴槽で高温です。

左側はエアーを入れて温度を下げています。

右側、主浴槽。

一番風呂なので張りたて♨️

油分が浮いていました。

 

⚫男湯👨♨️

女湯を反転したレイアウト

洗い場まで、好きな椅子を持っていってくださいね。へ

 

⚫👩露天風呂

🔷露天風呂①

手前が高温。この日は41度くらいかな。

 

🔷露天風呂②

奥に低温(加水あり) この気温では、ぬるすぎたので、パッとしか入りませんでした。

⚫1F休憩所