落部 上の湯温泉 銀婚湯 宿泊者専用野天風呂

日帰りでも利用できる温泉。

銀婚湯(過去ブログ参照)

こちらの温泉宿には、宿泊者限定の野天風呂(露天風呂)があります。

冬季間は閉鎖される場所もありますが、広〜〜い敷地内に点在する野天風呂は、それぞれとても素敵な造りです。

どこへ行くにも、散歩道を歩いて移動が必要。

3分で到着できる近い所、

つり橋を歩いて川を渡り

10分歩いて到着する所など、

全部で5箇所です。

11月10日、既に冬季閉鎖のお風呂が杉の湯。残念ながら入れませんでしたが、他の4種類は行ってきました♨️


銀婚湯かつらの湯


宿から徒歩3分

行き先を示す矢印があります。

かつら並木は葉が落ちてしまいましたが、両側にきれいに立つ桂の木は立派です。

このず〜っと奥なのかなぁ?と思ったら、あった‼️

意外と近かった笑

巨大な岩のてっぺんをくり抜いて

浴槽をつくった露天風呂。

そこへは丸太を半分にした階段を登って行きます。

登るきると、そこには石の浴槽。

左側に履き物をおく棚

右側には脱衣場

浴槽内は石を掘って2段の階段があり、深めのお風呂でした。


銀婚湯 もみじの湯


つり橋を渡ってすぐに左へ進み、

徒歩7分。

2人で渡る時は、足並みを揃えて!

矢印の通り、左へ。

川の向こうに見える宿を左手に見ながら、歩き進め、

川沿いにあるのが もみじの湯🍁

入り口は引き戸。

左にスライドさせて開けます。

脱衣場は木のお家

服を脱いでサンダルに履き替え、

お風呂へ!

👇そっちまで歩いていく

うは〜っ いいにおい

2人で入ると、こんな感じ😁

この時期に行くと移動中に体が冷えるので、最初はお湯が熱く感じます。

気持ちいい〜〜〜っ♪


銀婚湯 どんぐりの湯


宿から徒歩8分

つり橋を渡って、右側へ進みます。

途中、どんぐりが木の下にコロコロ 🌰

結構、奥なのかなぁ?と思った時に出てきます。

ここも、川沿い。

ドアを開け鍵を閉めて

あれっ 階段を降りるんだぁ!

👇降りる様子

湯船から川が見下ろせます。

川の向こう側を歩く人が居たら🚶‍♀️丸見えかもしれないけど、多分、『誰か入ってるんだなぁ』くらいな感じでしょう。

なんとも開放感のある気持ちの良いお風呂です。


銀婚湯 トチニの湯


宿から一番遠い、トチニの湯。

徒歩10分です。

つり橋を渡って、まっすぐ奥へ。

左奥の方〜〜に進みます。

こんな大きなねじれた木の下を通って

結構、奥。

ここは、トチニの湯と、奥の湯

2つの浴槽があって、他のお風呂とは違う源泉を引っ張っています。

泉質はとても似てるんですけど、ここだけのお湯なので、貴重😊

ここで着替え。

トチニの湯♨️は 自然木をくり抜いた浴槽です。

長い湯船ですが2人、入れます。

☝️これは、ちょっと長く写りすぎ笑笑

トチニ 奥の湯♨️は、

正方形の浴槽

木製ですが、温泉のカルシウム成分が木を覆い、カペカペに。

木、だよね?という肌触りです。

ここの浴槽が全部の中で一番ぬるかった。


全部の野天風呂に共通ですが、お湯の出る量は少なくて、チョロチョロです。

でも、これが沢山出ると、熱くて入れないかもしれません。

薄い笹色の半透明なお湯で、

宿の露天風呂よりも温泉の香りが強く感じます。

濁川温泉に似た油の混ざった香りです。

肌触りは少し つるすべ感があり、

気持ちよく浸かってきました。

弱アルカリ性のお湯で全身のクレンジング効果ばっちりです。

入りすぎると肌がカサカサになるかもしれないので、湯上がりの保湿は忘れずに😊

長万部温泉 丸金旅館

かにめしで有名な長万部

おしゃまんべ

北海道っぽい読みにくい地名の代表格?笑

ここにも、源泉100%掛け流しの温泉があるんですよ。

国道からは看板で『長万部温泉』と書いてあるのが見えますが、立派なホテルでもなく、新しくきれいなスパでもなく。

だけど、大地から湧き出る温泉そのものをたのしむことが出来る貴重な温泉施設の一つです。

長万部温泉の中で、行ってみたのは

長万部温泉 丸金旅館

玄関を入って、右側に靴箱、左手に受付、正面に 亀❗️

でかっ

ここは日本の温泉の中でも数少ない 『高張性』の温泉です。

簡単に言うと、温泉の成分がひとの体に染み込みやすいか、そうじゃないかということで、高張性は染み込みやすい温泉です。

料金は大人500円

貴重品はロッカーへ

数字で合わせる無料ロッカーです

ではでは、

温泉をありがたく

いただきましょう

内風呂、露天風呂共に、そんなに広くはありません。が、そんなに混み合ってもいないので快適です。

洗い場にはシャンプー類 設置。

湯口にはなぜか、二股ラジウム温泉の溶岩ドームが置かれ、そこからお湯が流れ出ています。

内湯の浴槽は、ニ槽に分かれています。

熱いお湯が好きな人と少しぬるい方が好きな人がいるので、浴槽を区切ったそうです。

けっこうあついわ〜っ

こっちは大丈夫〜

熱湯とぬる湯の壁に、お湯が流れる穴が。浴槽同士で繋がっているだけなので、循環の穴ではありませんでした。

ちょっとアンモニア臭が鼻にツンと感じました。

少し黄緑がかったような透明なお湯。

かけ流されています。

温泉の成分が床に模様を描いていました。

飲泉もできます!

露天風呂は壁に囲われています。

見上げるとこんな感じ。

露天風呂は、ぬるかったなぁ。

注湯量が少ないので、お湯が停滞している感じはしましたが…

内湯が熱いので、たまに外の風に触れながらの露天風呂は気持ちがいいです。

一味違った長万部温泉でした。


温泉分析書


~おまけのはなし~

私たちが長万部でかにめしを買う時は、いつも かなやではなく、

国道沿いにある、

かにかにKAN 魚粋(うおすい)です。

かにかにKANが塩

かなやが正油

みたいな感じかなぁ?

お弁当、美味しいですよ!

海苔の佃煮などの添え物は少量で見栄えはイマイチですが食べる量にはちょうどいいので許してね!笑笑

北湯沢 御宿かわせみ(川辺の露天風呂)

北湯沢にある日帰り可能な源泉掛け流し温泉。しかも混浴。

冬季は閉鎖される『川辺の露天風呂』に行ってきました。

◆入浴料700円

内湯・大露天風呂は前回入湯のブログで♨️こちら♨️


御宿かわせみ 川辺の露天風呂


北海道北湯沢にある混浴露天風呂。川のほとりにあってロケーション最高!

長流川のほとり、本当に川辺に作られた露天風呂は、もちろん源泉掛け流し温泉で、混浴です。

タオルや湯浴着もOKなので、若い方もカップルで利用されているようです。

川のせせらぎ…というより、

意外と豪快な川の音を聴きながら、

水の流れを間近に眺めながら、

過ぎる時間はゆったりと。

温泉から見る長流川

暑くなったら、川の水で体を冷やし‼️

…なんてことは、個人の責任で。

足だけだけど、冷たい‼️

そのくらい、川と近い位置!ということです。

ロケーションも最高、

温泉の広さはこんな感じ😊

結構な広さです。

日により、空いているときと、とても混んでいるときとありますが、大抵はぎゅうぎゅうにはならず入りやすいと思います。

ホースから出るお湯の温度は熱いですが、浴槽の湯温は38度~41度くらいで、座る場所により差はあり、たっぷり長湯できますよ

👨👩♨️

中標津 三香温泉(露天風呂のみ)

中標津。一度行ってみたかった、三香温泉(さんこうおんせん)です。

温泉マニアには人気の味のある温泉♨️

この日は気温が低く、朝の気温が-26.5度と記録的な寒さでした。

ご主人は人が来ないだろうと思っていた様子。

『本当に入るのかい』と言っていましたが

🙌入りたい!🙌 とお願いして入湯♥️

『外だけだよ』

…中もあんの? と思いつつ

外がいい‼️♨️😄✨

一旦外へ出て脱衣場のある小屋へ移動。

ストーブ炊いといたから。

石炭ストーブ? 寒いけどあったかい😊

着替えて、外へ!

寒いっ 冷たいっ 足くっつく!❄️

広い露天風呂は4つに別れていて、

男女の仕切り壁側手前が一番温かく、

次に手前外側→奥外側→奥壁側の順にだんだん低温になっています。

屋根や傘などはありません。

露天風呂です。

浴槽の外に、一応ボディシャンプーは置いてありますが、この日はとにかく気温が低いので、シャンプーも凍っていました。

持参のマイシャンプーがあるから大丈夫👍✨

体を清めて入ります。

青空。

木から落ちる白い雪。

きれいだった~ぁ。

そして、ここは道東。

さすが!こんなお客さんも。

バサバサっと飛んできて、

枝にとまり、少し休んでまた飛び立っていきました。

髪の毛もすぐに凍ってしまう気温の中でしたが、体はポカポカ。

とーっても気持ち良かった~✨

八雲 パシフィック温泉ホテル清龍園

美肌の湯♨
クレンジング効果&セラミド整え効果&肌荒れしっとり効果
そして、からだもポカポカ温まる😊 気持ちの良い温泉です。

日帰りもできます 大人500円
バスタオル・フェイスタオル 450円
シャンプー&リンス 330円
お風呂セットが無くても大丈夫♪

●パシフィック温泉ホテル清龍園

パシフィック温泉ホテル清龍園 外観

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し

北海道らしい! クマのはく製がお出迎え。

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 玄関

玄関を入ると 明るく広いロビー

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し ロビー

靴はロッカーか下駄箱に置いて、
フロント カウンター右側の券売機で入浴券を購入。

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し フロント

貴重品はフロントで預かってもらいましょう。

源泉かけ流し100%のため、上がり湯はせずに
そのまま上がった方が良いとの張り紙。

たしかに! シャワーで流したらもったいない。

この案内図によると、
浴室は女子より男子の方が広いらしい。

では、 いってみよう!

▼脱衣場は 縦長。 棚にかご。

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 脱衣場 男性

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 脱衣場女性

▼男子浴室

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 男子浴室

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 男子浴室 湯舟大

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 男子浴室 浴槽

内湯は湯口が2つ
大小浴槽の仕切り部分にひとつ
岩が積みあがったところから流れるのがひとつ

男女とも同じ造りです。
湯温は大きい方で41.5℃ 小さい方が43℃。

▼女子浴室

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 女子浴室1

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 女子浴室 浴槽

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 女子浴室 湯口

▼女子浴室2 ぬる湯

サウナから出たときの、水風呂の代わりかな?

▼男子 水風呂は外にあります。サウナ前。

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 男子水風呂

▼男子 露天風呂

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 男子露天風呂

男子露天風呂 湯口
長く外を這わせたホースをたどって
石の上から流して湯温を下げる作戦。

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 男子露天風呂 湯口

奥から見た露天風呂

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 男子露天風呂 奥からの眺め

▼湯もみと雪かき 北海道だな。

まぁ、とにかく気持ちいい

広いので湯口付近は熱いけど、
ちょっと離れると、ちょう~~~どよく温かい。

いつまでも入れるやつ。

茶色みがかった笹みどりの濁り湯。

お湯の中は見えないので、露天風呂内に配置されている岩に
足をぶつけます。 気を付けて!!

 

▼男性側は、建物前にも 小さな露天風呂が。
こっちの方が 湯温が高く 43℃位ありました。

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 露天風呂2

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 露天風呂2湯口

▼女子露天風呂

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 女子露天風呂

ここ一つで、他はありませんが、
男子の大風呂と同じような感じです。

ひょうたん型になっている狭いところは
岩がゴツゴツしているので気を付けてね!

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 女子露天風呂全景

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 女子露天風呂 目線

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し

 

▼温泉分析書

北海道の温泉 パシフィック温泉ホテル清龍園 源泉かけ流し 温泉分析書